築古物件も狙い目です

住宅

住宅設備のみ更新

湘南地方の中心都市の藤沢市にマイホームを構えるには、中古一戸建てを選ぶ選択肢があります。藤沢市は交通の便が良いため、駅の近くの地価は高価です。そのため新築の一戸建ては土地が安い郊外に建てられることが多いですが、中古一戸建てを選べば人気のある住宅地で快適な生活を送ることができます。藤沢での中古一戸建ての価格は、築年数が古くなると価格はドンドン安くなる傾向があります。今新築で住宅を建築すると30年保証の住宅も多いように、10年以上経過した住宅の構造は欠陥住宅出ない限り全く問題ありません。藤沢市は築20年以上経過した中古一戸建ての販売数も多く、うまく選べば格安で程度の良い中古一戸建てを手に入れることができます。築古物件は構造は問題なくても、住宅設備や間取りの使い方は現代風ではないことは否めません。住宅設備の更新はキッチンやトイレやお風呂をまとめたとしても300万円程度あれば交換可能です。日本の法律的には建築後20数年たった住宅は価値がゼロになってしまいます。35坪程度の中古一戸建ての場合、新築と20年経過した建物では1000万円程度の差が出てきます。程度の良い中古一戸建てを選んで、住宅設備を更新する方法は新築で家を建てるよりも格段に安く使いやすいマイホームを手に入れられます。また20年以上経過した木造建物は現在人気がある建築手法のツーバイフォーなども使っていないため、壁をやぶって部屋を広げたり、増築することもしやすいといった利点もあります。